センスある奴はほんの一握り!普通の人が見るスーパーマーケット仕事術&お役立ち情報

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sense does not matter~センスある奴はほんのひと握り!~

スーパーマーケット社員が、仕事術や気になる話題を語る雑記ブログです!

おい、店長!適正発注しろなんて簡単に言うな!もう恐くない、欠品・ロス撲滅のための発注メソッド!

スポンサーリンク

f:id:montan27:20170509005405j:plain

どうも、おはこんにちばんは!もんたろうです。

スーパーマーケットの仕事において最重要業務である『発注』

こいつが相当なくせ者。

マジで手ごわい。

悩んでいる人もかなり多いかと思われます。

この記事に辿りついたあなたも、おそらくその一人でしょう。(ニヤリ)

おそらくだいたいの企業では、日々の発注はパートナーさんが行い、特売発注を社員が担当するというスタイルが多いのではないでしょうか。

ぼくの努める企業はそのスタイルなのですが、他のチーフ社員を見ていて非常によく思う事があります。

それは

パートナーさんに責任押しつけ過ぎ。

という事。

よく目にする光景ですが

①「ちゃんと考えて発注してよー」

②「なんでいつまで経っても欠品無くならないの?」

③「ちゃんとデータ見て発注してよー」

④「売れる日は発注量多くするの当然でしょ?なんで売れる日ってわかってて発注厚くしないの?」

はっきり言って

4時間だの5時間だの、短時間のパートナーさんには荷が重すぎます。発注だけならまだしも、他にもやるべき仕事を与えられているはずです。

しかも

そういう事言うやつに限って自分はたいした発注スキルが無い。

自分が発注の難しさをわかってないからこんな事言えるんです。

だって、発注の仕方がわかってたらこんな事言いませんもん。もっと具体的に教えるはずです。

発注は生き物です。

様々な状況によっていくらでも売れる数量は変化します。

日にち、曜日、天気、気温、季節、時期、競合店の販促状況、自店の販促状況、日々変わる売場の構成、イベント etc…

真っ向勝負で適正発注しようとすると、この全てを把握して考慮しなければならない。

いち短時間のパートナーさんにここまで考慮して発注させるなんぞ、まさに鬼の所業。

ましてや、賞味期限の長いグロッサリー部門ならまだしも、鮮度管理がシビアな日配品の発注ともなると、更に難易度は上がります。

100%完璧な発注はもはや神の領域。

お客さんがどんな気分で、何を買いに来店するかなんて、お盆や年末、季節催事以外には予想できません。

ぼくも長い間発注に悩んできました。

しかし!

少しでも発注者に負担が少なく、人によって精度にばらつきがなるべく無いような発注法を編み出しました!

あなたの企業では『EOB(エレクトリック・オーダー・ブック)』が導入されていますか?もし導入されていたら、更に発注がしやすくなります。

★EOBとは

紙の発注台帳を電子化することにより、発注業務のペーパーレス化、発注業務の効率化を支援する発注端末。
店舗から商品や材料を発注する際、担当者に分り易く、品名・品番・発注ロットなどをリスト化した注文書をオーダーブックという。

EOB - 用語集 日本ユニシス

f:id:montan27:20170507004535j:plain

こんな感じの、肩からぶらさげて使う機械です。これは富士通製のもの。

要は、電子版発注書です。

こいつを駆使して発注の精度を上げていこうという話です。

長くなりましたが、やっとこさ本題にレッツラゴー!!

まずはじめに、先ほどのクソ上司から浴びせられる4つの文句に対してぼくが説教します。

f:id:montan27:20170509005644j:plain

①「ちゃんと考えて発注してよー」

考えて発注?勘で発注しろということか?この時代に?

人の記憶は曖昧。

考えて発注すると、間違いや時間の無駄にしかなりません。

こんな事言う人は考えが古いです。アウト!はい、次!!

 

②「なんでいつまで経っても欠品無くならないの?」

なんでだと?

おのれがしっかりパートナーさんに教えられないからじゃ、ボケ!

アウト!はい、次!!

 

③「ちゃんとデータ見て発注してよー」

データ見るだけじゃわけわからんのじゃ!データの活用の仕方から教えろ、おたんこなす!

アウト!はい、次!!

 

④「売れる日は発注量多くするの当然でしょ?なんで売れる日ってわかってて発注厚くしないの?」

あんたがわかってるんなら、一声かけれ!こっちは必死でそこまで頭回らんのじゃ!4時間だぞ、4時間!

時間との勝負なんだよ!仕事投げっぱなしジャーマンしてんじゃねーよ!

文句言うくらいなら、初めからちゃんと指示しろ!!

 

ゴホン…あなたの代わりにバカな上司しばいときました。

スッキリしたところで、本格的に発注方法のレクチャーを行っていきましょう。

EOBのすごいところ

EOBは非常に便利な発注ツールです。

日々の納品と販売実績が一目でわかります。また、週単位や月単位でのデータを見る事もできます。

手元に実機が無く、画像付きで説明できないのが非常に心苦しいのですが勘弁してくださいな。

性能の高い機械だと、さらに日別のイベントや注意点なども入力しておくことができます。

この機能まで利用して、入力してくれる上司だと更に効率的に発注ができます。

しかし、日々の納品や販売の実績が見れるだけでもだいぶ発注の精度が違ってきます。

具体的な発注方法

それでは、具体的な発注法をご紹介いたします。

部門は、ぼくの得意なグロッサリーで説明させていただきます。

例えば、グロッサリー部門の月間売上が2000~3000万円の店舗があるとします。

これを前提に、冷静にデータを見ると、売場がガッツリつまっている状態から1週間で空っぽになる単品は限られます。

それではこの前提を基に発注を考えていきます。

売上規模によって応用してください。

 

やり方

『1週間に何個売れるか』を基準に発注します。売場の見た目もスカスカになり過ぎないように考慮した数量です。

発注の翌日に納品される場合で考えます。

細々発注よりも、できるだけ一気に発注した方が作業効率が良い。

  • 平均週販が5個未満の場合(平均日配1個以下)は、5個以下になったら5個発注する。(4個になったら発注)
  • 平均週販が6~10個(平均日販0~2個)の場合は、5個以下になったら10個まで発注。
  • 平均週販が11~20個(平均日販2~3個)の場合は、9個以下になったら15個まで発注。
  • 平均週販が21~30個(平均日販3~5個)の場合は、15個以下になったら25個まで発注。
  • 平均週販が31~40個(平均日販5~6個)の場合は、18個以下になったら30個まで発注。

 【ポイント】平均日販の最大値の3倍以下になったら5倍まで発注。

これを基に発注してみてください。中には例外になる商品が出てくるかもしれませんが、9割はこれで対応できると思います。

何度もちまちま補充するのは効率が悪いので、過剰にならない程度になるべく一度に多く発注するのも大切です。

ぼくはこれで欠品がほとんど無くなりました。

発注のストレスから解放されたい方はぜひともお試しください!

スポンサーリンク